たった3つの道具で超かんたん!本格ホームシアターの作り方!

この記事は約11分で読めます。
  • アンプ
  • 天井埋め込みの大音響のスピーカー
  • スクリーン
  • 何十万円もする高性能プロジェクター
  • 大掛かりな配線工事

ホームシアターの作り方を調べると、随分とたくさんの機材を準備しないといけないようだが、果たして本当にそうだろうか?

しーくん
しーくん

多くの人がホームシアターの設置に踏み切れないのも、こういったハードルがあるからじゃないかな

今回紹介するのは、10万円以下の予算で実現できる本格ホームシアターの作り方だ

しかもなんと、使っている道具はたった3つだけとお手軽だ

プロジェクターさえケチらず高性能のものを買えば、お手軽に本格的なホームシアターを作ることは可能なのだ

準備するもの

お手軽に本格的なホームシアターを作るのに必要な道具はたった3つだけだ

具体的には

  1. スマホやパソコンなど映像受信する端末
  2. プロジェクター
  3. 1と2のつなぐアダプター

の3つだけである

映像を受信する端末(0円〜)

まず、動画配信アプや YouTube などの映像を受信する端末を用意しよう

スマホでもタブレットでもパソコンでも何でもいいので、とにかくインターネットに繋いで動画をストリーミング再生したり端末内にダウンロードしたりできるものが必要だ

もうすでにスマホを使っているのであれば、もちろん今使っているスマホをそのまま使えるので、わざわざ新しく買いそろえる必要はない

まるちゃん1
まるちゃん1

このブログを見ているほとんどの人もスマホユーザーかな

もしガラケーユーザーであっても、パソコン持っていればわざわざスマホやタブレットを新しく買う必要がない

しーくん
しーくん

Chromebook をプロジェクターにつないで映画を見ることもあるよ

ちなみに、スマホやタブレットの場合、 iPhoneだろうと Android だろうと、どの機種を使っていても全く問題がないが、あまりにも古すぎるものはおすすめできない

端末自体が古すぎると、動画配信アプリの最新バージョンに対応していないため、これらを使うことができないことがあるからだ

最近では、ワイモバイルや UQ モバイルなどの格安な通信事業者と契約すれば、0 円でスマホやタブレット端末が手に入ることもあるので、いっそのこと最新のスマホに乗り換えてしまっても良いだろう

ぶーちゃん
ぶーちゃん

しーくんは、おとくケータイ net という代理店を通じてワイモバイルに加入したので、 iPhone 6 s が本体価格500円で手に入れることができたよ

常に最新の機種に買い換える必要まではないが、アプリ自体が使えないと困るので、なるべく新しめの機種を使うのが無難だろう

プロジェクター(6万円〜)

二つ目に必要な道具は、プロジェクターだ

プロジェクターはスマホやパソコンで再生した動画を部屋の壁全体にデカデカと投影してくれる役割を果たす

プロジェクターを選ぶときに欠かせない条件は、

  1. フルHD(解像度が1920×1080以上のもの)
  2. 性能の良いスピーカー内蔵

の2点だ

どのメーカーのプロジェクトを使っても構わないが、本格的なホームシアターを作りたいのであればこの2つの条件だけは守らないといけない

まるちゃん1
まるちゃん1

せっかくスマホやパソコンで高画質な動画を再生しても、プロジェクター自体の解像度が低いと、壁に画質の粗い動画しか映し出されないよ

解像度と同じく動画の質に関係してくる要素として、輝度というものがあるが、これについては3500ルーメン前後のものを選べば問題ないだろう

また、内蔵スピーカーは、5.1ドルビーサラウンドシステムを採用しているなど、なるべく映画鑑賞向けに作られているものがよい

個人的におすすめのメーカーは、BenQという海外のメーカーだ

BenQは映像機器に特化したメーカーなので、エプソンなど国内メーカーと比べて、非常にコスパがいい

フルHDの高音質スピーカー内蔵のプロジェクターの場合、SONYやエプソンだと平気で10万円以上するが、BenQなら普通に10万円以下で手に入ってしまう

ぶーちゃん
ぶーちゃん

しーくんは、BenQのTH681というプロジェクターを、実質60,000円以下で購入したよ

Amazon | BenQ フルHDプロジェクター ホームモデル (3000lm/HDMI搭載/3D対応) TH681 | ベンキュージャパン | データプロジェクター 通販
BenQ フルHDプロジェクター ホームモデル (3000lm/HDMI搭載/3D対応) TH681がデータプロジェクターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
まるちゃん2
まるちゃん2

現在は生産終了しているので、代わりにこちらが良さそうだぞ

Amazon.co.jp: BenQ DLPプロジェクター MH550 スタンダードモデル フルHD/3500lm/2.3kg/20000:1/スピーカー/ゲーミング: パソコン・周辺機器
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、BenQ DLPプロジェクター MH550 スタンダードモデル フルHD/3500lm/2.3kg/20000:1/スピーカー/ゲーミングを パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

最近 Amazon とかで1万円から3万円で売っている、怪しげなモバイルプロジェクターをよく見かけるが、間違ってもこういったものを選んではいけない

まるちゃん2
まるちゃん2

安かろう悪かろうってことが目に見えてるで

最近は安かろう悪かろうのものが多く出回っているようだが、本格ホームシアターを作りたいのであれば、ちゃんとしたメーカーのプロジェクターを買うのが間違いない

端末とプロジェクターをつなぐもの(5000円以下)

さいご必要なのは、映像を受信する端末とプロジェクターを接続するケーブルだ

プロジェクターに映像や音声を入力する端子は、最近では HDMI と呼ばれる規格が主流であるため、スマホやパソコンとプロジェクターを HDMI ケーブルで接続する必要なあるのだ

もちろん、 HDMI ケーブルの差し込み口があらかじめついているスマホやパソコンもあるが、必ずしも全てのパソコンやスマホについているとは限らない

しーくん
しーくん

むしろ、 HDMI ケーブルの差し込み口がある方が少数派という感じだね

HDMI ケーブルの差し込み口がスマホやパソコンについていない時は、HDMI変換アダプターというものが必要になってくる

具体的に言うと、 Android のスマホやパソコンであれば、 USB ケーブル差し込み口を HDMI に変換してくれるアダプターであるし、

iPhone であれば充電器の差し込み口であるライトニングケーブルを HDMI に変換してくれるアダプターが必要になってくるのである

Amazon.co.jp: USB HDMI 変換 アダプタ usb hdmi ケーブル hdmi 変換コネクタ 1080P 高画質 高音質 安定出力 コンパクト USB HDMI 変換 コネクタ Windows XP/7/8/8.1/10 対応 (黑): 家電・カメラ
Amazon.co.jp: USB HDMI 変換 アダプタ usb hdmi ケーブル hdmi 変換コネクタ 1080P 高画質 高音質 安定出力 コンパクト USB HDMI 変換 コネクタ Windows XP/7/8/8.1/10 対応 (黑): 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Apple Lightning - Digital AVアダプタ
Amazon.co.jp: Apple Lightning - Digital AVアダプタ

もちろんプロジェクター本体にHDMI ケーブル付属していなければ、別に購入する必要がある

こちらは値段によって性能に大差が出るものではないので、 500円ぐらいのものを買えば十分である

しーくん
しーくん

わが家ではAmazonベーシックのHDMIケーブルを使っているよ

Amazon | Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 0.9m (タイプAオス - タイプAオス) | Amazonベーシック(Amazon Basics) | HDMIケーブル
Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 0.9m (タイプAオス - タイプAオス)がHDMIケーブルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

こんなものはいらない

以上、紹介した三つの道具さえあれば、お手軽に本格ホームシアターを 作るのには十分である

ホームシアターを作る上で、これまで特になくても困らなかったものを紹介したい

スクリーン

プロジェクターを投影するためのスクリーンは特に必要ない

たいていの家なら、壁に直接プロジェクターの映像を投影しても全く問題ないのだ

しーくん
しーくん

賃貸マンションでよく使われている無地のクロスは、よく見ると表面が凸凹になっていていて心配になるかもしれないけど、全く問題ないよ

クロスに柄がついているとか色がついているというケースを除けば、特にスクリーンを買う必要は全くないのである

スピーカー

外付けの大きなスピーカーも要らない

せっかく大画面で映画鑑賞するのだから良いスピーカーをと思うかもしれないが、

プロジェクター本体に高性能のスピーカーが内蔵されていれば、物足りなさは全く感じない

ぶーちゃん
ぶーちゃん

むしろ、大迫力過ぎて近所迷惑にならないのかという方が心配だよ

プロジェクターに内蔵されているスピーカーで十分だ

DVD・Blu-rayプレーヤー

DVDやBlu-rayディスクを再生するプレーヤーも当然必要ない

今回紹介したお手軽ホームシアターの作り方では、スマホやパソコンががメディアプレーヤーとしての役割を果たしてくれるのだ

しーくん
しーくん

動画配信サービスに加入すれば、常に何万本もの映画のコレクションが手元にある小さなスマホに詰まってるようなものだね

わざわざTSUTAYA でレンタルしたDVD を再生するために、新しく DVD ブルーレイプレイヤーを買う必要は全くないのである

ホームシアターの手順はとても簡単

前置きがだいぶ長くなってしまったが、いよいよ手軽ホームシアターが出来るまでの手順をを紹介したい

スマホでパソコン使ったお手軽ホームシアターの作り方は、特殊な設定が全く必要なく超簡単である

まるちゃん2
まるちゃん2

簡単すぎて拍子抜けしてしまうぞ

プロジェクターと端末をつなぐ

まず、変換アダプターを使ってスマホやパソコンなどの端末をプロジェクターと接続する

プロジェクターを起動

変換アダプターを使って端末をプロジェクターにつないだら、プロジェクターの起動ボタンを押してみよう

プロジェクターが起動したら、自動的にスマホやパソコンの画面がプロジェクターで投影されるはずだ

スマホでパソコン側で設定の操作をする必要は全くないのだ

端末(スマホ、タブレット、パソコン)で動画を再生

あとは、スマホやパソコンの動画を再生するだけだ

プロジェクターに物理的にケーブル接続したら、 普段パソコンやスマホを使って映画やドラマを視聴するのと全く同じように操作すればよいのである

動画配信サービスには加入しておくのが良い

お手軽に本格的なホームシアターをフル活用するためには、動画配信サービスに加入しておくのがよいだろう

当たり前の話であるが、動画配信サービスに加入せずに、スマホやパソコンをプロジェクターにつないだだけでは、映し出す中身となるコンテンツがないのだ

数ある動画配信サービスの中で、一番のおすすめは Amazon プライムビデオ

ここでは詳しい説明は省略するが、 Amazon プライムビデオをおすすめする一番の理由は、他の動画配信サービスと比べてとても安いからである

Amazon プライムビデオは月額たったの500円もかからないが、これは他の動画配信サービスの相場の半値以下の値段だ

ぶーちゃん
ぶーちゃん

月額たったの500円以下で映画やドラマが見放題なので、 TSUTAYAの100円レンタルと比べると、映画5本分でもとが取れるよ

もちろん動画配信サービス加入しなくても、 TVer や AbemaTV などの無料アプリを使えば民放の再放送などを見ることができる

しかし、視聴できる番組は限られるし、画質もあまり良くないので、あくまで補助的なものとしてとらえておくべきだろう

やはり、スマホでパソコンを受信端末としてお手軽ホームシアターを作るには、何らかの動画配信サービスに加入しておくことがおすすめだ

これから動画配信サービスを使ってみようと思っているなら、まずはためしに、Amazonプライムビデオから始めてみるのが良いだろう

さいごに

  • 内蔵のスピーカーだと音響が足りないな・・・
  • やっぱり、壁のわずかな凸凹が気になるのでスクリーンに写した方が良さそう・・・
  • 4 k プロジェクターとBlu-rayでもっときれいな映像が観たい・・

もしかしたら、今回作り方を紹介したお手軽ホームシアターを使っていくうちに、色々な要望が出てくるかもしれない

ただ、そうなったら、必要な機材を後から徐々に買い足していけばよいだけのこと

最初からフルスペックの機材を揃えるのに頭を抱えてストレスを溜めるよりも、まずは今回紹介した方法で、お手軽にホームシアターを始めてみるのが良いだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました