動画配信サービスを実際に使ってみて感じた5つのメリット

未分類
この記事は約6分で読めます。

動画配信サービスを使うメリットって何でしょう?

レンタルDVDショップが近場にあるなら、

「TSUTAYA使えばよくね?」って思うかもしれませんよね。

しかし、一度動画配信サービスの魅力を知ってしまうと、DVDをレンタルして観ようなんて気持ちは起こらなくなってしまいます。

私の住んでいる家は、徒歩5分のところにTSUTAYAがあるのですが、

動画配信サービスを使い始めてからはほとんどTSUTAYAに行くことがなくなりました。

今回は、実際に動画配信サービスを利用してみて感じた、動画配信サービスの5つのメリットについてお伝えします。

メリット①レンタルDVDショップに行く手間が省ける

動画配信サービスを使うことによって、TSUTAYAやゲオなどのレンタルDVDショップに行く手間が省けるというメリットがあります。

  1. レンタルDVDショップに行く
  2. DVDを選んでレンタル手続きをする
  3. レンタルDVDショップから家まで戻ってくる

なんて手間は必要ありません。

今、目と鼻の先にTSUTAYAがあるところに住んでいるのですが、

それでも、もうDVDをレンタルしにいくことはほとんどありません。

iPhoneの動画配信アプリを起動して、プロジェクターにつなぐだけで映画が観れるのだから。

TSUTAYAまで歩いて行けないような距離のところに住んでいればなおさらのことでしょう。

動画配信サービスを使うことによって、レンタルDVDショップを使う時の手間を省くことができるのです。

メリット②観たいと思った瞬間から視聴可能

動画配信サービスを使うことによって、

観たい映画を「観たい!」と思った瞬間から視聴できるというメリットがあります。

観たい気持ちが高まってから実際に見るまでの間にタイムラグがなければ、集中力が高い状態で観始めることができ、

映画を観終わった後の印象もひときわ強くなるでしょう。

例えば、こんなことありませんか?

とある休日、あなたは家で映画鑑賞したいと思い立ち、TSUTAYAにDVDをレンタルしに行きます。

TSUTAYAのレンタルコーナーにつくと、パッケージの裏などを見ながらその日借りたい映画をじっくりと吟味してレンタルします。

(この時点では、「早く家に帰って観たい!」という気持ちが高まっているはずです。)

「早く帰って観たい」

高まる気分のもと、家路を急ぎます。

しかし、家に帰ってくると、急な用事が…

やっとのことで用事を済ませると、さっきの情熱はどこへやら。

観始める頃には集中力もなくなり、

惰性でダラダラと観るか、結局、途中で観るのをやめてしまうか。

私も、TSUTAYAの半額キャンペーンで大量に借りていたときには、必ずといっていいほど、何本か見ないままそのまま返却することがよくありました。

レンタルDVDだったら借りてから観るまで間が空くため観る前に興味が失せる事がよくあるんですよね。

この点、動画配信サービスであれば、観たいと思った瞬間から実際に観始めるまでのタイムラグがないので、こういったムダがないのです。

メリット③映画鑑賞の場所的な制約がなくなる

動画配信サービスは、どこでも映画鑑賞することができるというメリットがあります。

DVDであれば再生するためのDVD プレーヤーが必要になります。

どこでも映画が見たいからと言ってポータブルDVDプレーヤー持ち歩いてる人なんてそうそういないですよね?

そう考えると、DVDの場合、視聴できる場所が家の中に限られてしまうのです。

一方、動画配信サービスであれば、

  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • テレビ

など、視聴するデバイスを選びません。

インターネット回線とスマホさえあれば、どこでもすぐに視聴可能で、

数万本の映画のコレクションをいつも持ち歩いているようなものなんです。

場所的な制約がなければ、ちょっとしたスキマ時間を有効活用して映画鑑賞することができます。

例えば、出張の時、移動中にスマホで観ていた映画の続きを、宿泊先のホテルについた後に、タブレットやパソコンでゆっくりと観る、

なんてこともできます。

もちろん、家にいるときは、スマホをテレビやプロジェクターにつないで大画面で視聴することも可能です。

このように、動画配信サービスを使うことによって、映画鑑賞の場所的な制約はなくなるのです。

メリット④オフラインでも視聴可能

ほとんどの動画配信サービスは、オフラインで視聴することが可能です。

オフラインで視聴することができれば、集合住宅でインターネットの速度が安定しない場合や、そもそも家にインターネット回線がない場合でも問題ありません。

外出先の公衆無線LANにつないでダウンロードしてしまえば、山の中など全く電波の届かない所でも映画鑑賞が可能になるです。

私は容量32 GBのiPhoneでAmazonプライムビデオのアプリを使っているのですが、

最高画質でダウンロードしても映画1本あたり大体2 GBいくかいかないかくらいなので、

常に映画5本くらいを持ち歩いています。

ちなみに、ダウンロードすることができるのは、スマホやタブレットのアプリのみで、パソコンのブラウザではストリーミング再生しかできない動画配信サービスが多いので注意する必要があります。

メリット⑤DVDのコレクションとおさらばして、部屋がスッキリ

動画配信サービスを使えば、家にDVDをコレクションする必要がありません。

もちろん、DVD・ブルーレイプレーヤーも必要ありません。

動画配信サービスは、動画を再生するのに物理的なメディアを必要としません。

何万作品もの映画のコレクションをクラウド上に保管しているイメージです。

お気に入りの映画をDVDで保管する必要もないため、部屋がすっきりします。

DVDって結構かさばりますからね。

もちろん、私も映画鑑賞は動画配信サービス(ごくたまにレンタルDVD)で完結しているため、家にDVDは1枚もありません。

もはや、動画配信サービスは、ミニマリストには必須のサービスと言えるでしょう。

ぜひ、動画配信サービスを使って、家の中をスッキリさせてみてはどうでしょうか?

さいごに オススメの動画配信サービスを紹介するよ!

以上が、動画配信サービスを実際に使ってみて感じた5つのメリットでした。

では、数多くの動画配信サービスがある中で、

実際どのサービスを使ったらよいのでしょうか?

私が使っているオススメの動画配信サービスは、Amazonプライムビデオです。

なぜAmazonプライムビデオかというと、非常にコスパが高いからです。

まず、他の動画配信サービスが軒並み月額1,000円前後なのに対して、Amazonプライムビデオは月額500円で利用することができるのです。

しかも、この月額500円という金額には、Amazonプライムビデオの利用料金だけではなく、

他のAmazonプライム会員サービスの利用料金も含まれているのです。

つまり、毎月500円を支払ってAmazonプライム会員になれば、

  • 100万曲の音楽が聴き放題       (AmazonMusic)
  • わりと最近の電子書籍が無料で読み放題  (KindlePrime)
  • オンラインフォトストレージが使い放題  (AmazonPhotos)
  • Amazonで買った物を翌日配送してくれる  (Amazonプライム配送)

といった特典がすべて利用できるのです。

これらのサービスを全て使い倒したら、もう、Amazonプライムビデオなんてほとんどタダみたいなものですね。

さらに、1年間契約にすることで、年額4,900円とさらに割安になります。

なんと、月額に換算すると約400円!

確かに、動画配信数だけ見ると、Amazonプライムビデオの配信数は3万本と、多い方ではありません。

しかし、月額わずか500円で、しかも、他のAmazonプライム会員サービスも使える、と考えたら、これほどコスパの高いサービスは他にはありませんよ。

もし、まだ動画配信サービスを使ったことがないのであれば、割高な他のサービスに加入する前に、まずは、Amazonプライムビデオからはじめてみてはどうでしょう?

※最初の1ヶ月は無料です。

つまり、1ヶ月以内に気が変わって解約すれば、料金はかかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました