ノーリスク!一般生命保険料控除を活用して5年間で54,000円節税する方法

未分類
この記事は約8分で読めます。

一般生命保険料控除ってご存知ですか?

生命保険料を払っていると、支払った金額に応じて所得税と住民税が安くなるという、節税方法です。

今回は、そんな一般生命保険料控除を活用して、一銭も損失を生むことなく5年間で54000円節税する方法をご紹介したいと思います。

掛け捨て型の生命保険に入る必要は全くない

生命保険ときくと、掛け捨て型の生命保険を一般的に想像してしまいますが、

一般生命保険料控除を受けるために、わざわざ掛け捨ての生命保険に入る必要は全くありません。

生命保険と一口にいっても、掛け捨て型と貯蓄型の2つがあり、

貯蓄型の生命保険であっても一般生命保険料控除の対象となっているものも数多くあります。

また、私自身、貯蓄型の生命保険であっても満期になって満額返ってこないんじゃないかという不安がありましたが、

そんなこともありません。

貯蓄型の生命保険でも満期になると満額返ってくるものも一定数あります。

さらに、貯蓄型保険の中には、満額どころか、積み立てた額以上の利子がついてくる商品もあるので、

そうなると、掛け捨て型の生命保険入るという選択肢はなくなりますね。

おすすめの貯蓄型保険

では具体的に、一般生命保険料控除受けるためには、どの貯蓄型保険が良いのでしょうか ?

おすすめは、明治安田生命のじぶん積立です。

節税もできて、さらに、満期になると積み立てた額が全額返ってくるという条件で探したところ、最終的に明治安田生命のじぶん積立にたどり着きました。

なぜ明治安田生命のじぶん積立をおすすめするかというと、いつ解約しても元本割れしないからです。

大抵、元本割れしないとうたっている商品でも満期まで解約しないことが条件だったりすることがほとんどなのですが、この商品のすごいところは途中解約しても必ず積み立てた額が全額返ってくるところです。

また、返戻率が100%以上とうたっている商品でも、外貨建ての貯蓄型生命保険であれば、為替の変動によって最終的に元本割れするリスクをはらんでいます 。

それに対して、明治安田生命のじぶん積立は日本円での積み立てになるので、こういった為替変動リスクとも無縁です。

本当の意味で、返戻率100%以上が保証されています。

元本割れする要因といえば、明治安田生命が破産してしまった場合くらいしか、正直思いつきません。

しかもこの商品、払込期間が5年間なのですが、保険期間自体は10年であり、5年を超えると利息がついてくる仕組みになっていて、

10年満期まで運用すると返戻率は103%までアップします。

もちろん、時間をかけて探してみれば、他にももっと良い条件の貯蓄型生命保険があるかもしれません。

しかし、あれこれと思い悩んでいるうちに生命保険料控除受けられる機会を逃し、無駄に税金を払い続けてしまうハメになります。

これといったデメリットも特に思いつかなかったし、とりあえず明治安田生命のじぶん積立に入っておくことにしました。

何か不都合があれば、5年以内に解約すれば良いですし 。

54,000円安くなる仕組み

ここで、54,000円税金が安くなる仕組みについてかんたんに説明します。

まず、ここでいう税金とは、所得税と住民税のことを指します 。

最新の法律だと、一般生命保険料控除の控除上限額は以下の通りになります。

所得税:控除上限額40,000                            住民税:控除上限額28,000

一般生命保険料控除は、所得税・住民税ともに税額控除ではなく所得控除であるので、上記の控除上限額に税率を掛けた金額が、MAXで受けられる節税額の合計になります。

つまり、年間で受けられる節税額の合計は10,800円になります。

所得税の節税額 40,000×20%=8,000円                     住民税の節税額 28,000×10%=2,800円

あくまでも、年収が330〜695万円の枠内に収まっていることが前提ですが。

そして、これを5年間続けることによって10800円×5年=54000円の節税の恩恵を受けることができるのです。

なぜ5年間かというと、一般生命保険料控除を受けられるのは実際に保険料を払い込んだ期間だけだからです 。

毎月いくら積み立てればよいか?

明治安田生命のじぶん積立は毎月定額を払い込むタイプの生命保険ですが、

具体的には毎月いくらずつ積み立てるのが良いでしょうか?

結論から言うと、毎月10,000円ずつ積み立てれば問題ないでしょう。

なぜ毎月10,000円かと言うと、一般生命保険料控除の恩恵をフルに受けるためには、毎月最低でも6,667円(年額80000円)以上の払い込みが必要になってくるからです 。

明治安田生命のじぶん積立の毎月の払込金額は5000円、10,000円、15,000円、20,000円の4つのパターンから選べますが、6,667円以上の条件を満たす最低の金額が10,000円ということなのです。

もちろん、毎月15,000円ないしは20,000円積立でも同じことですが、他の投資先に資金を回すことを考えると、積立額はなるべく少なくする方がベターかなと。

ということで、毎月10,000円ずつ積み立てることをオススメします 。

最初の年は5月分から払込みはじめるのが理想

ちなみに最初の年は、できれば4月中に契約して5月分から払込を始めるのがベストです。

というのも、一般生命保険料控除をフルに受けるためには年間8万円積み立てればよいので、

毎月10,000円ずつ積み立てるとすると、年間のうち8ヶ月だけ積み立てれば良いという計算になるからです。

つまり、1月から払込み始めても5月から払込み始めても一般生命保険料控除を受けられる額は同じなのです。

ですので、最初の年は5月から払込み始めるのが理想なのです。

「生命保険」ではなく「節税のためのツール」という考え方

一つデメリットを挙げるとすれば、 明治安田生命のじぶん積立に生命保険としての役割を期待しないということです。

一般的に、貯蓄型生命保険の保証内容はショボいです。

掛け捨て型の生命保険であれば、死亡した際に何百万円、何千万円という単位で給付金を得ることが普通ですが、

明治安田生命のじぶん積立においては、積立てた額の110%しか死亡給付金としてもらうことはできません 。

ここが、掛け捨て型の生命保険に劣る点です。

あくまでも、一般生命保険料控除を受けるためのツールとして割り切ってしまいましょう。

普通に考えたら、契約満期に積み立てた額がまるまる返ってきて、しかも、手厚い死亡給付金制度もついているなんて、そんなうまい話はありませんよね。

実際の手続き

それでは、私が実際に申し込みした時の流れをご紹介します。

電話で訪問の日程調整

まず、ウェブサイトに掲載している電話番号に連絡し、訪問日の調整を行います。

確認したところ、今のところ申込みは対面でしか行っていないようで、ウェブや郵送での申込みはできないとのことでした。

てっきり、郵送で申し込み書類を送ってもらえると思っていたので、この事実には拍子抜けしました 。

告知事項もないのに、わざわざ対面契約を要するのは少し時代遅れのような気がしますが、

そうは言っても始まらないので、さっそく訪問の日程調整をします。

この時に、あらかじめ契約者の情報と死亡給付金の受取人の情報(名前・住所・生年月日など)を伝えておくと、訪問日当日のやり取りがスムーズになります。

申込手続き

申込日当日は、 営業担当者がタブレット端末を持参して訪ねてきますので、案内にしたがって申込手続きを進めます。

こちらですることといえば、予め入力してもらっている情報に誤りがないか確認し、問題なければタッチペンでタブレットに何回かサインすることくらいでしょうか。

それから、最後に身分証明書を提示する必要があるので、あらかじめ免許証などの身分証明書を用意しておきましょう。

手続き自体は、時間にしてだいたい15分くらいで終わるので、思っていた程はめんどくさくありませんでした。

振替口座の登録申込書を郵送する

訪問での契約手続きが完了すると、最後に口座振替の登録用紙と返信用封筒と切手を渡されるので、後日、引き落とし口座を記入して郵送します。

ちなみに、ゆうちょ銀行とそれ以外の銀行で手続きが少し異なっていますが、どちらを選んでも、ただ単に書類を明治安田生命の送ればいいというわけではなく、少し手続きが面倒くさいです。

まず、ゆうちょ銀行以外の口座で引き落としする場合は、一度銀行の窓口に書類を提出した上で、明治安田生命に書類を郵送しなくてはなりません。

一方、、ゆうちょ銀行での引き落としを選択すれば、口座振替の書類を明治安田生命に直接郵送すればよいのですが、初回の払い込みが集金になるため、営業担当者に再度訪問してもらう必要があります。

どっちもどっちなのですが、わざわざ 銀行の窓口に書類を提出しに行くのがめんどくさかったので、私はゆうちょ銀行からの引き落としを選択しました 。

これで手続きは以上です。

こんな簡単な手続きで、一度加入したらあとは5年間ほったらかしで毎年勝手に税金が安くなっていくなんて、

なんでもっと早く気付かなかったんだろうか・・・

払込みが終わっても、10年満期まで運用するつもり

あくまでも現時点でのプランに過ぎませんが、5年間の払込み期間が終わった後、10年の満期まで運用を続けようと考えています。

そのほうが、定期預金で運用するよりも利率が良いからです。

最初にも述べたように、自分積立を10年満期まで運用すると返戻率は103%までアップします(5年間で3%の利息が付きます)。

つまり、1年間で0.6%の金利がつくということになります。

一方、定期預金の金利は、この記事を書いている時点ではオリックス銀行の0.35%が最高値でした。

もちろん、もっといい投資先があれば話は別ですが、ただ単に銀行の定期預金口座に寝かせてるくらいなら、じぶん積立で満期まで資金を運用した方が、はるかに良い利率を得られることになります。

節税だけではなく資産の運用という点から見てもすぐれているのですね。

さいごに

いかがだったでしょうか?

5年間で54,000円なんて大した額ではないかもしれませんが、一度かんたんな手続きをするだけで、あとはそのままほったらかしにできるって考えると、やってみて損はないですよね 。

こういったノーリスクの節税方法はすぐに実行に移さないことそのものがリスクになります 。

1秒でも無駄に税金を払うことのないよう、 今すぐに申し込み手することをお勧めします 。

追伸

本当にちゃんと節税できたかどうかの結果は、来年の6月納税通知が来たあとにご報告したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました