スマホ一台で完全自動化!ウェブアルバムを簡単に作る方法

未分類
この記事は約6分で読めます。

スマホで撮りためた写真、ちゃんとバックアップしてますか?

近頃、スマホで写真を撮るが多くなってきましたよね。

ちゃんとバックアップしてないと、

スマホが壊れた時、大切な思い出たちは一瞬で消えてしまいます。

とはいっても、バックアップするのって何か面倒くさそう。

でも・・・

今回紹介する方法なら、一台のスマホをWi-Fiに繋いでアプリを起動するだけという簡単な方法。

あとは、自動的にバックアップされ、

しかも、アルバムまで自動作成される。

最初に簡単な設定をしてしまえば、

次回からスマホをWi-Fiにつなぐだけで自動的にアップロードされるので、

スマホをパソコンにケーブルでつないで、チマチマと写真をバックアップ

なんて作業も不要です。

それでは、最後までどうぞ。

①手元にスマホを用意する

まずは、手元にスマホを用意します。

今回紹介する方法でカメラの役割を果たすのは

スマホです。

用意するものは、たったこれだけ。

  • パソコンや外付けハードディスク
  • デジカメやSDカード
  • 紙のアルバム

なんてものは、一切いりません。

ただ、カメラがついていればガラケーでも何でもOKというわけではありませんよ。

スマートフォンアプリがダウンロードできないガラケーは、ダメです。

ちなみに、過去に何種類かのスマホ試してみましたが、

一番手軽にきれいな写真を撮れると感じたのはiPhoneです。

ということで、私はiPhoneを使っています。

お気に入りのもので良いので、まずは手元にスマホを用意しましょう。

②Googleフォトのアプリをインストール

次に、Googleフォトのアプリをインストールします。

Googleフォトとは、Googleが無料で提供している写真保管サービスです。

保管先は、ウェブサーバー上になるため、外付けハードディスクなんて自分で用意する必要がありません。

なぜGoogleフォトをお勧めするかというと、Googleフォトは完全無料で無制限に写真を保管することができる唯一のサービスだからです。

また、Googleフォトには、撮影した時間や撮影した場所の情報などから自動的にアルバムを作成してくれる便利な機能も付いています。

Googleフォトのアプリは、以下のリンクからダウンロードしてくださいね。

iPhoneユーザの方はこちらから

アンドロイドユーザの方はこちらから

③Googleアカウントでログイン

Googleフォトアプリのインストールが完了したら、アプリを立ち上げ、自分のGoogleアカウントでログインします。

ログインが完了したら、「ログインしてバックアップ」のボタンを押します。

設定は、初期設定のままにします。

④バックアップと同期の設定

「ログインしてバックアップ」を押すと、今までスマホに撮りためてあった写真のアップロードが開始されます。

バックアップ中は「バックアップしています 残り●個」という表示が出ますので、

しばらく待ちましょう。

バックアップが完了すると、「バックアップが完了しました」と表示されます。

これで撮りためてあった写真のバックアップは完了です。

次回からは、写真を撮った後、Wi-Fiに接続してGoogleフォトのアプリを開くと、自動的に写真をアップロードしてくれるようになります。

アルバムの確認

写真のアップロードが完了したら、早速アルバムを見てみましょう。

Googleフォトアプリのトップ画面の下にあるアルバムのアイコンをタッチします。

  • 人物
  • 撮影場所
  • 被写体

など

いくつか分類の仕方があるようです。

ためしに、「撮影場所」をタップしてみます。

すると・・・

な、なんと、

撮影場所ごとにアルバムが自動生成されているではありませんか!

もう少し詳しく見てみます。

福岡県福岡市のアルバムを開きます。

過去に福岡市で撮った写真が時系列に並べられていますね。

これなら

  • いつ
  • どこで
  • 何の

写真を撮ったが一目瞭然なので、後で思い出を振り返るときにも便利です。

しかも、サーバー上で写真を管理しているため、マホでアップロードした写真をパソコンやタブレットでも観ることができますよ。

ちなみに、撮影場所は写真の位置情報をもとに分類しているので、あらかじめ、スマホの設定で位置情報をオンにしておきましょう。

Googleの自動分類は間違うことがある

もちろん、Googleの分類機能は完全ではなく、たまに間違うことがあります。

  • 撮影場所
  • 撮影日時

は、位置情報や時計にもとづいているので、わりと正確ですが、

  • 被写体
  • 人物

など、画像認識で分類するタイプは、よく間違えます。

アルバムの画面で被写体ごとの分類を見てみましょう。

ためしに、「鳥」をタップしてみると…

・・・

・・・んんっ!?

なんと、私の奥さんが「鳥」に分類されていました。

こういうときは、手作業で地道に修正していくしかありません。

  1. まず、修正したい写真を長押しします。
  2. 下の写真のように選択された状態になるので、今度は右上の「・・・」のアイコンをタップします。

「結果を削除」を押します。

  1. 当てはまるものにチェックを入れます。
  2. 「送信」を押します。

これで、私の奥さんが「鳥」でないことが、Googleサイドに伝わりましたよ。

はっきり言って、画像認識で分類されるアルバムの精度は高くありません。

間違って分類されていたら、地道に手作業で修正していくしかなさそうです。

あまり使い勝手が良くないし、いまいち活用方法がわからないので、今のところ活用の見込みがありません。

将来的に分類精度があがるのを期待したいところです。

一眼レフはオーバースペック

せっかくウェブアルバムを作るのだから、スマホのカメラなんかではなく、高性能の一眼レフカメラを使いたいと思うかもしれません。

しかし、一眼レフカメラで撮った高画質の写真は、ウェブアルバムにアップロードするのに適していません。

というのも、Googleフォトのような無料のフォトストレージでは、写真を無限にアップロードできる代わりに、写真1枚あたりのファイルサイズが圧縮されてしまうからです。

ファイルサイズが圧縮されてしまうと当然、画像のクオリティーにも影響が出てきます。

ファイルサイズが圧縮された画像では、スマホで撮った写真と一眼レフで撮った写真の差があまりわからなくなってしまうんです。

実際、私も過去にOLYMPUSのPENという一眼レフカメラを使っていた時期がありました。

その時に、Googleフォトに画像を圧縮してアップロードした写真がこちら

そして、こちらが最近、iPhone SEで撮影した写真

どうでしょう?

撮影した場所も時間帯も違うので、単純比較できないかもしれませんが、

それでも、あまり変わらないように思いませんか?

ていうか、むしろ、iPhoneで撮影した写真のほうがキレイだとすら感じてしまいます。

何より、手のひらサイズのスマホカメラでこれだけの写真が撮れると思ったら、一眼レフカメラなんか重たくて、持ち歩く気が起きないですね。

昔と比べて、スマホカメラのクオリティが向上したので、今後ますますその差は縮まっていく一方でしょう。

写真にめちゃくちゃこだわらないのであれば、これからはスマホオンリーで充分です。

さいごに

「そういえば、あそこに最後に行ったのいつだっけ?」

「え〜、いつだっけ?」

よくある日常の会話。

我が家では、過去の思い出を振り返るのに、

iPhoneで撮りためた写真たちが欠かせません。

もし、スマホを買い替えた時のデータ移行作業に失敗したら・・・

もし、スマホをなくしてしまったら・・・

と思うとゾッとします。

大切な思い出の記録は知らず知らずのうちに消えてしまうことでしょう。

Googleフォトには大変お世話になっています。

こんな便利なサービス、使わないなんてもったいない!

今のうちから、大切な写真をバックアップしておきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました